<助動詞+完了形>のかたちは、現在から見た過去の推量/後悔/非難などを表す。

cannot+完了形:~したはずがない [edit]

  • You cannot have seen Mr. Smith yesterday. He died the day before yesterday!
    • 君が昨日スミスさんに会ったはずがないよ。彼は一昨日亡くなったのだから!
      • 「会えなかった」(過去の可能)を表すには、could not see / was not able to seeとする。

may+完了形:~したかもしれない [edit]

  • He [may | might] have overslept this morning.
    • 彼は今朝寝坊したのかもしれない。
      • mightを使うと、自信の持てない過去の推量(ひょっとしたら~だったかもしれない)を表す。

must+完了形:~したに違いない [edit]

  • Bill must have been tired last week. He made a lot of mistakes.
    • ビルは先週疲れていたに違いない。ヘマばかりしていた。

need not+完了形:~する必要はなかった(のに実際はした) [edit]

  • You needn't have come here at three o'clock. We don't start till four.
    • あなたは3時にここに来る必要はなかったのに。4時開始なんですよ。
      • 「来る必要はなかったのに実際は来た」を含意する。

[should | ought to]+完了形:~すべきだったのに(実際はしなかった)/~したはずだ [edit]

  • You [should | ought to] have come to the party last night. We had a lot of fun.
    • 昨夜のパーティーに来るべきでしたよ。本当に楽しかったんですよ。
  • He [should | ought to] have arrived at his office by now.
    • 彼はもう職場に戻っているはずだ。