たとえばtake care of(~の面倒を見る)という句動詞は、厳密には前置詞ofとそれに続く名詞が形容詞句を作り、他動詞takeの目的語であるcareを修飾するという構造を持つ。だが、take care ofの3語を一つの他動詞として考えると、ofの後ろの名詞がその目的語となり、全体としてSVOを形作っているように見える。

英文Keikotakescareofthe cat.
通常の分類SVO形容詞句
句動詞的分類SVO
ケイコがその猫の面倒を見ている。

上記のようにtakes care ofを一つの他動詞として考えると、the catがその目的語になるため、次のような受動態が作られる。

  • The cat is taken care of by Keiko.
    • その猫はケイコに飼われている。

[FYI] 句動詞内の名詞を主語にした受動態は可能か [edit]

句動詞内の名詞が形容詞などで修飾されている場合、可能なものもあるが、一般的に堅い表現になるとされる。

  • We must pay great attention to this problem.
    • 我々はこの問題を重要視しなければならない。
  • Great attention must be paid to this problem.
    • この問題は重要視されなければならない。