何かを強調して激しい感情を表す文を感嘆文(exclamation)と呼ぶ。

副詞や形容詞を強調するときはHowを、名詞(<形容詞+名詞>のかたちを取ることが多い)を強調するときはWhat(まれにHow)をつけて文の先頭に出し、文の残りには手を加えない。感嘆文の終わりにはピリオドの変わりに感嘆符(!:Exclamation Mark)を置く。

  • Mike swims very fast.
  • How fast Mike swims!
    • マイクはなんて速く泳ぐのだろう!(副詞を強調)
  • Mike is a very fast swimmer.
  • What a fast swimmer Mike is!
  • How fast a swimmer Mike is![まれ]
    • マイクはなんて泳ぐのが速い人なんだろう!(<形容詞+名詞>を強調)

口語では文の残りの部分を省略することが多い。

  • The show is very interesting.
  • How interesting (the show is)!
    • なんて面白い(番組なのだろう)!
  • What a mess!
    • なんて散らかっているの!
  • What a coincidence!
    • なんという偶然でしょうか!