摩擦音(Fricative ) [edit]

摩擦音は、唇、歯、舌などで作った隙間から空気を擦りだして発音する。例えば「フーッ」と深いため息をつく時を想像してみてほしい。上下の唇の狭い隙間から空気がスーっと通り抜けていくの(摩擦)を感じるはずだ。

前歯と舌唇で摩擦(唇歯摩擦音)

唇歯摩擦音(Labiodental fricative)は、下唇と前歯の間から空気を擦りだす音。

f.gif

  • 上の前歯と下唇を軽く合わせ、その間から強く息を出す。
  • 日本語の「ハ」~「ホ」とは大きく異なる。

v.gif

  • mini_f.gifと同じ場所で発音するが、息といっしょに声も出す有声音

下唇と前歯で摩擦(歯摩擦音)

歯摩擦音(Dental fricative)は、下唇と前歯の間から空気を擦りだす音。

theta.gif

  • 舌先を上の歯の下(裏側)に軽くあて、隙間から息を出す。(難しいときは、上下の歯の間に舌を軽く挟んで試してみよう。)
  • 舌で歯をこすりながら後ろに引いて行き、このときも息を出し続ける。
  • [s]より弱い音。

eth.gif

  • mini_theta.gifと同じ場所で発音するが、息といっしょに声も出す有声音

舌先と上歯茎で摩擦(歯茎摩擦音)

歯茎摩擦音(Alveolar fricative)は、舌先と上歯茎の間から空気を擦りだす音。

s.gif

  • 舌先を上の歯茎の前のほうに近づけて、すき間から強く息を出す。
  • 日本語の「サ」「ス」「セ」「ソ」に近いですが、「シ」とは大きく異なる。

z.gif

  • mini_s.gifと同じ場所で発音するが、息といっしょに声も出す有声音

舌と歯茎の後ろ(奥)の方で摩擦(後部歯茎摩擦音)

後部歯茎摩擦音(Postalveolar fricative)は、舌を歯茎の後ろ(奥)の方へ持って行き、空気を擦り出して発音します。

esh.gif

  • 日本語の「シャ」「シュ」「ショ」に近いですが、やや後ろの方で発音する。
  • 「シッ、シッ」と虫を追い払うときのように、強く息を出す。

ezh.gif

  • mini_esh.gifと同じ場所で発音するが、息といっしょに声も出す有声音

口内全体に響かせる(声門摩擦音)

声門摩擦音(Glottal fricative)は、実際には声門を縮めて摩擦させようするのではない。

h.gif

  • 決まった口の形はなく、次に来る母音の口の形に合わせる。
  • 「ハ、へ、ホ」の声が出る直前の音。

その他の子音は以下の各項を参照。

  • [p]、[b]など、せき止めた息を一気に解き放つ「破裂音
  • 破裂させたと同時に摩擦が生じる「破擦音
  • [m]、[n]など、口からの息の通り道をふさいで鼻から出す「鼻音
  • [l]、[r]など日本語でいえばラ行の「流音