現在時制(Present Tense)は、「いま」という明確な一点を指すのではなく、いまを中心として広がる時間軸上の大まかな点を指す。

現在時制が表す主な意味は次のとおり。

現在時制の表す基本的な意味 [edit]

現在の性質や状態 [edit]

  • Mike is sixteen years old.
    • マイクは16歳です。
  • My brother loves sweets.
    • 私の兄は甘いものが大好きだ。
    • 主語が3人称・単数の場合、現在時制では一般動詞の語尾にs/esをつける。

現在の習慣的な動作、反復的な出来事 [edit]

頻度を表す副詞表現を伴うことが多い。

  • Father always drinks coffee at breakfast.
    • 父は朝食時にいつもコーヒーを飲む。

不変の真理/社会通念/ことわざ [edit]

現在/過去/未来を通じて変化することの無い物理法則や普遍的事実を表す。時制の一致を受けない点に注意したい。

  • Water boils at 212F.
    • 水は華氏212度で沸騰する。[不変の真理]
      • アメリカなどでは華氏温度が用いられている。華氏温度と摂氏温度の換算式は、 華氏温度=(9÷5)×摂氏温度+32。
  • History repeats itself.
    • 歴史は繰り返す。[ことわざ]

未来の代用 [edit]

変更される可能性が低い、確定的な予定 [edit]

往来発着を意味する動詞に多く見られる。

  • We leave here tomorrow.
    • 我々は明日ここを発つ。
  • The train for Tokyo arrives at Kyoto Station at 10:25.
    • 東京行きの列車は10時25分に京都駅に到着します。

時・条件を表す副詞節では未来時制の代わりに現在時制を用いる [edit]

  • I'll give him the money back when I see him tomorrow.
    • 明日彼に会ったら金を返します。
  • Let's go to the beach if it is sunny tomorrow.
    • 明日晴れたら浜辺に行こう。

接続詞whenとifの導く節が副詞節なのか名詞節なのか、注意すること。もし名詞節であれば未来のことは未来時制で表す。

  • Tell me when he comes back.
    • 彼が戻ってきたら教えてください。(when節は副詞節)
  • Tell me when he will come back.
    • 彼がいつ戻るか教えてください。(when節は名詞節)

ただし、条件節内で、好意に基づく主語の意志を強調する場合、意志未来のwillを用いることができる。

  • If you will wait here a moment, I'll go and get a chair.
    • もしここでお待ちいただけるのでしたら、椅子をお持ちしましょう。