代名詞として働く疑問詞を疑問代名詞(Interrogative Pronouns)と呼ぶ。疑問代名詞は「誰が」「何を」「どちらの」などを問いかける疑問文を作る。

who [edit]

what [edit]

which [edit]

where [edit]

疑問詞のwhereは一般的には疑問副詞として分類される。そのため本来であれば場所を表す前置詞をつける必要はないが、口語などの砕けた表現では文の最後に前置詞を置くことがある。ただし書き言葉や正式な表現では前置詞は省いた方がよい。

  • Where are you heading (for)?
    • どちらへお出かけですか?
      • 書き言葉では前置詞のforを省くのが普通。
  • Where are you going (to)?
    • どこへ行くのかね?
      • 書き言葉では前置詞のtoを省くのが普通。
      • 挨拶としては"Where are you heading (for)?"の方が自然。
  • Where do you come from?
    • どちらのご出身ですか?
      • 出身地や国籍を尋ねるこの用法では、書き言葉でも前置詞のfromが省略されないことが多い。