「いつ」「どこで」「どのように」「なぜ」の問いかけを作る疑問詞を疑問副詞(Interrogative Adverbs)と呼ぶ。

where(どこで) [edit]

  • Where do you live?
    • お住まいはどちらですか?
  • Where have you been?
    • 今までどこにいたの?
  • Where were we?
    • 何を話していたんだっけ?
      • 会話の最中に話題が変わる(話が脱線する)などした場合、元の話題に戻るときに用いる表現。

[FYI] 「カナダの首都はどこですか?」をどう表現するか [edit]

whereを用いずに"What is the capital of Canada?"と疑問代名詞のwhatを用いて表現するのが正しい。「カナダの首都はどこですか?」という文は、言い換えると「カナダの首都は何というところですか?」を尋ねているのであり、質問者が知りたいと思っているのは「カナダの首都の名前」という名詞だからである。

"What is the capital of Canada?"という質問への答え方としては、"It is Ottawa."(オタワです)か"Ottawa is."(オタワです)となる。前者がアメリカ英語的な答え方であるのに対し、後者はイギリス英語的であるとされる。

"Where is the capital of Canada?"という疑問文が尋ねているのは「カナダの首都の存在している場所」であるため、答え方としては"It (= The capital of Canada) is in Ontario."(オンタリオ州にある)などとなる。

when(いつ) [edit]

how(どのように) [edit]

手段を尋ねるhow [edit]

状態を尋ねるhow [edit]

  • How are you?
    • ご機嫌いかが?
      • 典型的な回答が"I'm fine."であることからもわかるように、このHowは形容詞のfineと対応している。このため疑問形容詞とも考えられる。