第2文型<S+V+C>によって構成される。その特徴は、Cの意味上の主語がSになることである。Vにはbe動詞のほか自動詞(不完全自動詞)が入る。

第2文型の日本語訳は、Vがbe動詞のときは「SはCである」となる。不完全自動詞のときは、動詞の意味に合わせて語尾を適当に変えればよい。以下は、第2文型を作る代表的な不完全自動詞。

  • become / get /go / grow / turn / run:Cになる
  • keep / remain / stay:Cの状態のままでいる
  • look:<様子が>Cのように見える/思える
  • look like:<外見が>Cのように見える(likeは前置詞)
  • sound:Cに聞こえる/のように思える
  • taste:Cの味がする
  • smell:Cの匂いがする
  • feel:Cの感触がある/心地がする

Cになる品詞は、名詞と形容詞に限られているが、他にも不定詞や分詞が入るので、ここでしっかりと基本を押さえておきたい。

  • He is angry with me.
    • 彼は私に腹を立てている。
  • He got angry with me.
    • 彼は私に怒った。
  • He remains angry with me.
    • 彼は私にまだ腹を立てている。