複合関係副詞(Compound Adverbial Relative)は、副詞節を導く。

wherever [edit]

譲歩:たとえどこで~しようとも [edit]

譲歩の意味を表すwhereverは、「たとえどこで~しようとも」(no matter where)という譲歩を意味する。

  • [Wherever | No matter where] you (may) go, I'll follow you.
    • 君がどこに行こうとも、私はついていきます。

場所:~する場所はどこでも [edit]

whereverは、「~する場所はどこでも」([at | to] any place where)を意味する副詞節を導く。whereverを複合関係副詞ではなく接続詞と捉える見方もある。

  • Please sit wherever you like.
    • どこでも好きなところに座って下さい。

whereverが「~する場合はいつでも」を意味することもある。

  • I make it a rule to decline plastic bags wherever (it is) possible.
    • 私は、可能な場合にはプラスチックの袋を断るようにしている。

この意味でwhereverが名詞節を導くことがある。

  • Wherever you stumble is a place that needs improving.
    • あなたがつまずく箇所は、改善の余地があるところなのです。

whenever [edit]

譲歩:たとえいつ~しようとも [edit]

譲歩の意味を表すwheneverは、「たとえいつ~しようとも」(no matter when)という譲歩を意味する。

  • Whenever you may visit him, you'll find him away from home.
    • たとえいつ彼を訪ねても、彼は家にいませんよ。

時:~する時はいつでも [edit]

wheneverは、「~する時はいつでも」(at any time when)を意味する副詞節を導く。wheneverを複合関係副詞ではなく接続詞と捉える見方もある。

  • Please come see me whenever it is convenient for you.
    • いつでもご都合のいいときに会いに来て下さい。

however [edit]

譲歩:どんなに~しようとも [edit]

howeverは、<however+形容詞/副詞>とすることで「どんなに~しようとも」(no matter how+形容詞/副詞)という譲歩の意味を表す。

  • However tired he may be, he must finish the work today.
    • どんなに疲れていようとも、彼はその仕事を今日終わらせなければならない。
  • However hard you may try, you won't be able to solve the puzzle.
    • どんなに一生懸命に挑戦してみたところで、君にそのパズルは解けまい。
  • However much she eats, she never gets fat.
    • 彼女は、いくらたくさん食べても決して太らない。

譲歩:どんな方法で~しても [edit]

howeverを単独で用いて副詞節を導くとき、「どんな方法で~しても」(by whatever means)という譲歩の意味を表す。

  • However I tried mathematics to him, he wasn't even interested in it.
    • いかなるやり方で数学を教えようとも、彼は興味を示そうともしなかった。