述部の中心をつくるものを述語動詞(Predicate Verb)、もしくは単に動詞(Verb)という。

自動詞と他動詞 [edit]

動詞のうち、目的語をとらないものを自動詞(Verb Intransitive)といい、さらに補語を必要としないものを完全自動詞(Complete Intransitive Verb)、補語を必要とするものを不完全自動詞(Incomplete Intransitive Verb)と呼ぶ。

  • My father snores.
    • 私の父はいびきをかきます。[完全自動詞]
  • He remained silent.
    • 彼は黙ったままだった。(斜字は補語)[不完全自動詞]

一方、目的語をとるものを他動詞(Verb Transitive)といい、さらに補語を必要としないものを完全他動詞(Complete Transitive Verb)、補語を必要とするものを不完全他動詞(Incomplete Transitive Verb)と呼ぶ。

  • She loves fruits.
    • 彼女は果物が大好きです。(下線は目的語)[完全他動詞]
  • I made Susan angry.
    • 私はスーザンを怒らせた。(下線は目的語。斜字は補語)[不完全他動詞]

不完全自動詞・不完全他動詞の文では、補語を消すと意味が通じなくなる。

他動詞のなかには、直接目的語・間接目的語という2つの目的語を取るものがあり、二重目的語動詞と呼ばれる。