関係形容詞(Relative Adjectives)は関係詞のひとつで、接続詞と形容詞の役割を兼ねて関係詞節を作る。

関係形容詞:what [edit]

関係形容詞のwhatは、「~する全部の・・・」([all | few | little] 先行詞 that)を表す。少なさをより強調したいときは、<what [little | few] 先行詞>とする。

  • You should accept what money comes your way.
    • 手に入るお金は何でも(どんなわずかな金額でも)受け取るべきです。
  • I'll give you what little help I can when you are in trouble.
    • 君が困っているときは、出来る限り力になるつもりだ。
  • She doesn't want to lose what few friends she has.
    • 彼女は、数少ない友人を失いたくないと思っている。

関係形容詞の導く節が主語になる場合は複合関係形容詞のwhateverを使うのが普通。

  • Whatever money is donated via this collection box will go toward the orphans.
    • この募金箱に寄付された全てのお金は孤児たちの元に行きます。

関係形容詞:which [edit]