英文法は苦手だが頑張って学びたいという人のために、ぜひ押さえておいてほしい要点を以下にまとめた。

語と品詞 [edit]

  • 英語で書かれた文を英文と言う。
  • 英文を構成するひとつひとつの単語をと呼ぶ。
  • すべての語は何らかの品詞に分類できる。
  • 英文を構成する主な8品詞
    • 名詞(Noun / n.)
    • 代名詞(Pronoun / pron.)
    • 形容詞(Adjective / adj. / a.)
    • 副詞(Adverb / adv. / ad.)
    • 動詞(Verb / v.)
    • 前置詞(Preposition / prep.)
    • 接続詞(Conjunction / conj.)
    • 間投詞(Interjection / interj. / int.)
  • 辞書で語の意味を引くときは、意味を調べる前に必ず品詞情報に注目する。
JohnandMikesaidthattheywereverygoodfriends.
名詞接続詞名詞動詞接続詞代名詞動詞副詞形容詞名詞
ジョンとマイクは、自分たちはとても仲のよい友達だと言った。

品詞と文の要素 [edit]

  • 英文のほとんどは5つのパターンに分類できる。これを文型と呼ぶ。
  • 文型を構成する要素の集まりを文の要素と呼ぶ。
  • 文の要素と品詞には次のような対応関係がある。

文型を構成するSやOなどの記号を、文の要素と呼ぶ。ある語がどの文の要素になるかは、その語の属する品詞によって決まる。

品詞とは、単語に割り当てられた背番号のようなもので、すべての英単語は何らかの品詞に分類できる。たとえばscienceという単語を辞書で引いてみると、次のように定義されている。

science

【名】 1 [U] 科学, 科学的知識

これは、scienceという単語の背番号(=品詞)が名詞であることを示している。[U]は、数えることができない不可算名詞(uncountable noun)であることを意味している。

品詞文の要素
名詞(句・節)Subject(主語
Object(目的語
Complement(補語
動詞Verb(動詞)
形容詞(句・節)C補語
  • 補語になる品詞は他にも存在するが、基礎レベルでは最低限、上記の表を覚える。

句と節 [edit]

  • いくつかの語が集まって、ある品詞に相当する働きをするものを、またはと呼ぶ。
  • は、その中に主語+述語(S+V)を持たない。
  • は、その中に主語+述語(S+V)を持つ。

自動詞と他動詞 [edit]

  • 英語の動詞(V)は、be動詞一般動詞に大別できる。
  • 一般動詞は自動詞(Verb Intransitive / v.i.)と他動詞(Verb Transitive / v.t.)に分かれる。
動詞(V)自動詞(v.i.): O(目的語)を必要としないbe動詞(be / am / is / are / was / were)
一般動詞(be動詞以外の動詞)
他動詞(v.t.): O(目的語)を必要とする一般動詞

5文型を使った英文の分類 [edit]

  • 英文を5文型に分類する2つのメリット
    1. 英文をパターン化することで英文構造の把握が容易になる。
    2. 各文型にあわせて日本語訳をある程度パターン化できる。
文型使われる文の要素使われる動詞特徴
第1文型S+Vbe動詞
自動詞(完全自動詞)
修飾語句を伴うことが多い
日本語訳のパターンSはV。
第2文型S+V+Cbe動詞
自動詞(不完全自動詞)
Cの意味上の主語=S
△S=C
日本語訳のパターンSは[である。/になる。/に見える。]など
第3文型S+V+O他動詞(完全他動詞)
日本語訳のパターンSはOをV。
第4文型S+V+O1+O2他動詞(完全他動詞)第3文型に書き換え可能
(できないものもある)
日本語訳のパターンSはO1にO2をV。
第5文型S+V+O+C他動詞(不完全他動詞)Cの意味上の主語=O
△O=C
日本語訳のパターンSはOをC(の状態になることや動作をすること)にV。
  • もちろん5文型に分類できない英文も存在するが、英文をパターン化することで多くの労力を節減できる。

修飾関係の基礎 [edit]

  • 修飾(modification)とは、ある語句が別の語句を説明することである。
  • 修飾語句のほとんどは形容詞(Adjective / a.)と副詞(Adverb / ad.)である。
修飾する品詞修飾される品詞
形容詞(a.)
(句・節)
名詞(n.)a beautiful flower
美しい
副詞(ad.)
(句・節)
動詞(v.)He swims fast.
彼は 速く 泳ぐ
形容詞(a.)very beautiful flower
とても 美しい
副詞(ad.)He swims very fast.
彼は とても 速く 泳ぐ
  • 修飾語句は主節の文型の構成に影響しない。
  • 言い換えれば、修飾語句を取り払っても主節の文型は変わらない。

前置詞+名詞による修飾句 [edit]

  • of, to, for, in, at…などの小さな語を前置詞(Preposition)と呼ぶ。
  • 前置詞はほとんどの場合、名詞の前に置かれる。
前置詞+名詞形容詞句形容詞の役割をする
副詞句副詞の役割をする
  • 時間を表す名詞は前置詞をつけずに副詞的に用いることができる。
    • He came to Kyoto last night.
      • 彼は昨晩京都に来た。

最終チェック [edit]

次の各英文を文型分類し、その中の修飾関係を全て指摘せよ。

  1. Tom lives in Kyoto. He is a teacher of English. He teaches at two different schools.
  2. Ken married Aki in 1998. She worked at a bookstore across his office. They first met in 1996.
  3. Father bought me a dog when I was young. I named the dog Lucky. He was my best friend.
+  最終チェックの解答

[FYI] 英字新聞と英語新聞 [edit]

英語で書かれた新聞を一般的に英字新聞と呼ぶが、この名称に異議を唱える人もいる。

そもそも英字とは、英語という言語を書き表す文字、すなわちAからZまでのラテン文字基本26字(大文字と小文字を区別すれば52文字)の集合を指す。日本ではこの集合を単にアルファベットと呼ぶことが多いが、これらの文字の集合は英語を構成する英語アルファベットであると言える。

同様に、日本字とは日本語を書き表す日本語アルファベットを指すことになる。日本語は平仮名・片仮名・漢字の日本字を使って表記する他に、英語アルファベット(英字)を用いて表記する方法がローマ字として確立している。ローマ字は、仮名とローマ字を一対一で対応させた表記法で、ヘボン式や訓令式など複数の規格が存在する。

上記を考え合わせると、英字を使った英語で書かれた新聞も、英字を使った日本語で書かれた新聞(ローマ字新聞)もどちらも英字新聞となる。このため英字新聞という呼称を改め、英語で書かれた新聞は英語新聞と呼ぶべきだとする考えもある(本多, 1993)。