挿入句として文全体を修飾する働きをする不定詞を''独立不定詞''と呼ぶ。慣用句になっているものが多い。

-''To be frank with you'', I don't think you should marry her.
--率直に言うけど、君は彼女と結婚すべきじゃないと思うよ。


-独立不定詞を用いた主な表現
--to be honest (with you):正直に言うと
--to begin with:まず第一に
--to change the subject:話は変わるが
--to make a long story short:かいつまんで言うと
--to make matters worse:なお悪いことに
--to put it bluntly:遠慮なく言うと
--to return to the subject:話をもとに戻すと
--to say the least of it:控えめに言っても
--to say nothing of ~:~は言うまでもなく
--to tell you the truth:本当のことを言うと
--needless to say:言うまでもなく
--not to say ~:~とは言わないまでも
--so to speak:いわゆる
--strange to say:不思議なことに