to不定詞を形容詞的に用いることを、to不定詞の形容詞用法と呼ぶ。形容詞には、名詞を修飾する限定用法と補語(C)になる叙述用法とがあり、to不定詞の形容詞用法もこれに準じる。

限定用法 [edit]

to不定詞を用いて名詞を修飾するとき、その修飾パターンは以下の5つに分類される。

修飾される名詞がto不定詞内の他動詞の目的語になる [edit]

  • I want something to drink.
    • 何か飲み物がほしい。
      • 他動詞drinkをもとに作られた不定詞to drinkの目的語は、修飾される名詞something。
  • He has no family to love.
    • 彼には愛すべき家族がいない。
      • 他動詞loveをもとに作られた不定詞to loveの目的語は、修飾される名詞family。
  • Probably he has something to do with the murder.
    • おそらく彼はその殺人事件に何らかの関係がある。
      • 他動詞doをもとに作られた不定詞to doの目的語は、修飾される名詞something。
      • somethingを省略して、has to do withとも書ける。

修飾される名詞がto不定詞内の前置詞の目的語になる [edit]

  • Lucy is looking for an apartment to live in.
    • ルーシーは、住むためのアパートを探している。
      • 自動詞liveをもとに作られた不定詞to live内に、場所を表す前置詞inを置き、修飾される名詞apartmentが前置詞inの目的語になっている。
      • 関係代名詞を用いたLucy is looking for an apartment in which to live.という言い方もあるが、形式的な表現。
  • Would you give me something to write with?
    • 何か書くもの(鉛筆など)をくれませんか?
      • 自動詞writeをもとに作られた不定詞to write内に、手段を表す前置詞withを置き、修飾される名詞somethingが前置詞withの目的語になっている。
      • Would you give me something to write down?(何か書くもの<紙など>をくれませんか?)と区別せよ。
  • I have enough money to buy the car (with), but no place to put it (in).
    • その車を買うのに十分なお金は持っているが、置く場所がない。
      • 他動詞buyをもとに作られた不定詞to buyが、目的語the carを取っている。さらに、不定詞句内に手段を表す前置詞withを置き、修飾される名詞moneyが前置詞withの目的語になっている。ただし、moneyを修飾する不定詞内でwithはしばしば省略される。また、接続詞butの後ろでは、他動詞putをもとに作られた不定詞to putが目的語it (= the car)を取っている。さらに、不定詞句内に場所を表す前置詞inを置き、修飾される名詞placeが前置詞inの目的語になっている。ただし、placeを修飾する不定詞内でinはしばしば省略される。

次のように、修飾される名詞がto不定詞内の前置詞の目的語であり、かつ、動詞の目的語になることもある。

  • Every child needs someone to look up to and copy.
    • 子供には皆、尊敬し、手本とすべき人が必要である。

修飾される名詞とto不定詞内の動詞のあいだにSV関係が成り立つ [edit]

関係代名詞節に書きなおせるものが多い。

  • He has no family to love him.
  • = He has no family who love him.
    • 彼には、彼を愛してくれる家族がいない。
      • 他動詞loveをもとに作られた不定詞to loveが、目的語himを取っている。修飾される名詞familyと不定詞句のあいだにSV関係が成り立っている。
  • Lisa is the last person to be late for school.
  • = Lisa is the last person who is late for school.
    • リサは決して学校に遅刻したりしない。
      • be動詞をもとに作られた不定詞to beが、補語lateを取っている。修飾される名詞personと不定詞句のあいだにSV関係が成り立っている。
      • 形容詞lastは、「最も~しそうにない」の意。
  • The mind is not a vessel to be filled, but a fire to be kindled.
  • = The mind is not a vessel which should be filled, but a fire which should be kindled.
    • 知性とは、満たすべき器ではなく、燃やすべき炎である。
      • 修飾される名詞とto不定詞のあいだをb.の関係(修飾される名詞がto不定詞内の前置詞の目的語になる)にして、a vessel to fill / a fire to kindleとも書ける。
      • 古代ローマの思想家・プルタルコス(Plutarch)の言葉。

to不定詞を関係副詞節に書き換えることができる [edit]

  • timeやwayなどの名詞を修飾するto不定詞は、関係副詞節に書き換えることができる。
    • It's time to go to school now.
    • = It's time you went to school now.
    • もう学校に行く時間ですよ。
  • This is the only way to cure the disease.
  • = This is the only way you can cure the disease.
    • これは、その病気を治療する唯一の方法だ。

不定詞が修飾される語の内容を補足的に説明する [edit]

  • My parents gave me the opportunity to study abroad.
    • 両親は私に留学する機会を与えてくれた。
  • You have the right to remain silent.
    • あなたには黙秘する権利があります。
      • アメリカでは、拘束した被疑者に取調べを行うにあたり、事前に被疑者の持つ権利を法執行官(警官や刑事など)が読み上げる。これはミランダ警告(Miranda warning)と呼ばれ、例文(黙秘権について)はその最初の項目である。

これらの例文では、修飾される名詞とto不定詞のあいだに同格関係が成立しているとも考えられる。その場合、to不定詞の用法は名詞用法となるが、どちらが正しい(あるいは間違っている)かを議論することは無益である。to不定詞の中には名詞用法/形容詞用法/副詞用法のどれかに厳密に分類することが難しいものがあり、この用法もそれにあたる。

叙述用法 [edit]

to不定詞が不完全自動詞の補語として働く用法を叙述用法と呼ぶ。ただし、固定した表現がほとんどであり、この分類そのものにあまり意味は無い。<動詞+to不定詞>全体で助動詞的に働くと考えてもよい。

seem / appear to~:~のように思われる [edit]

  • He seems (to be) sick.
  • = It seems that he is sick.
    • 彼は具合が悪そうだ。

I cannot seem to find any solution to this error.

  • 僕にはこのエラーの解決策を見つけられそうにない。

happen / chance to~:偶然~する [edit]

  • I happen to be free today.
  • = It happens that I'm free today.
    • 僕は今日たまたま暇なんだ。
  • There happened to be my old friend in our rival firm.
    • ライバル社にたまたま僕の旧友がいた。
      • There構文なので文の主語はmy old friendになる。
  • Cathy chanced to meet her ex-husband on the street.
    • キャシーは街で図らずも前夫に出会った。
      • chanceは文語的とされ、普通はhappenを用いる。

prove / turn out (to be) C:結果的にCであることがわかる [edit]

  • Reiko proved to be the right person for the job.
    • レイコはその仕事に適任の人だとわかった。
  • The experiment turned out (to be) successful.
    • その実験は成功した。
      • to不定詞内のCが形容詞のときはto beを省略できる。Cが名詞のときは省略しないのが普通とされる。

come (learn) / get to~:~するようになる [edit]

to不定詞には主に状態動詞が用いられる。

  • I recently came to know her husband.
    • 私は最近になって彼女の夫を知った。
      • getを用いてgot to knowとするのは口語的。became to knowは誤り。
  • Most Japanese learn to read and write in elementary school.
    • ほとんどの日本人は小学校で読み書きができるようになる。
      • このlearnは他動詞で、「努力して~できるようになる」の意。

その他 [edit]

remain to~:まだ~されずにいる/これから~されねばならない [edit]

  • It remains to be seen if our plan will be successful.
    • 我々の計画が成功するかどうか、まだわからない。
      • この表現ではto不定詞内は受動態になることが多い。

tend to~:~する傾向にある [edit]

  • Overwork tends to lead to sudden death.
    • 働きすぎは突然死に繋がりやすい。