助動詞wouldはwillの過去形であり、基本的にwillの用法に準ずる。

ここではwouldに固有の表現や成句的な用法を紹介する。

過去の習慣的行為:~したものだ [edit]

alwaysやoftenなど、頻度を表す副詞表現とともに用いられることが多い。used toとの違いについてはused toの用法を参照。

  • In my schooldays, I would often go to the pool hall with Brian.
    • 学生時代はよくブライアンと一緒にビリヤード場に行ったものだ。

would like to ~:~したいものだ [edit]

would like toは、「~したいものだ」という控えめな願望を表す表現で、want toの丁寧な表現と考えればよい。

  • I'd like to come to your party.
    • あなたのパーティーにぜひ伺いたいと存じます。
      • 口語ではI would like toはI'd like toと縮めるのが普通。

would rather ~:むしろ~したい [edit]

would ratherは、しばしば<than …>を伴って、「(…するくらいなら)むしろ~したい」の意味を表す。

  • I’d rather stay at home than go out.
    • 出かけるよりも、むしろ家にいたい。
      • would soonerと言うときもある。また、wouldではなくhadを用いることもある。