関係代名詞のthatは、先行詞に人でも人以外のものでも取ることができる。thatに所有格はない。

thatを用いるのが普通の場合 [edit]

次のような場合は関係代名詞にはthatを用いるのが普通であるとされる。

先行詞が<人+人以外の物>の場合 [edit]

  • The people and the places that he knew in his youth often appear in his dreams.
    • 幼いころ彼が知っていた人々や場所が彼の夢によく出てくる。

補語を受ける場合 [edit]

  • He is no longer the kind person that he used to be.
    • 今の彼は、もはや昔のような優しい人ではない。
      • 先行詞にkindが無ければ、関係代名詞whatを用いてHe is no longer what he used to be.とも書ける。