関係代名詞のthatは、先行詞に人でも人以外のものでも取ることができる。thatに所有格はない。

thatを用いるのが普通の場合 [edit]

次のような場合は関係代名詞にはthatを用いるのが普通であるとされる。

先行詞が<人+人以外の物>の場合 [edit]

  • The people and the places that he knew in his youth often appear in his dreams.
    • 幼いころ彼が知っていた人々や場所が彼の夢によく出てくる。

補語を受ける場合 [edit]

  • He is no longer the kind person that he used to be.
    • 今の彼は、もはや昔のような優しい人ではない。
      • 先行詞にkindが無ければ、関係代名詞whatを用いてHe is no longer what he used to be.とも書ける。

先行詞が強い意味の修飾語を持つ場合 [edit]

一般的に、先行詞が最上級の形容詞やfirst / last / only / veryなどの強い意味を持つ語で修飾されている場合、関係代名詞にはthatを用いることが多い。

  • This is the most beautiful sunset (that) I've ever seen.
    • これは、私が今まで見た中で最も美しい夕焼けです。
  • Hurting you is the last thing (that) I'd want to do.
    • あなたを傷つけることだけはしたくないのです。
  • This is the very book (that) I've been looking for!
    • これぞまさに私が探し求めていた本です!

WhoやWhichから始まる疑問文の中で [edit]

疑問代名詞のwhoやwhichで始まる疑問文では、関係代名詞との混同を避けるために関係代名詞にはthatを用いる。

  • Who that has read Shakespeare's beautiful poems can forget their fascination?
    • シェイクスピアの美しい詩を読んだ者で、その美しさを忘れることができる者がいようか?