#navi(Mt. English Grammar)

#include(関係詞,notitle)
節を用いて名詞を修飾するとき、英語では''関係詞''(Relatives)を用いて、節と名詞を結びつける。関係詞によって導かれる節を''関係詞節''(Relative Clause)と呼び、関係詞節によって修飾される部分を''先行詞''(Antecedent)と呼ぶ。

#style(class=contents)
-[[関係詞の限定用法と継続用法]]
-[[関係代名詞]]
--[[主格の関係代名詞]]
--[[目的格の関係代名詞]]
--[[所有格の関係代名詞]]
--[[関係代名詞:that]]
--[[関係代名詞:what]]
--[[関係代名詞の二重限定]]
--[[疑似関係代名詞]]
-[[関係副詞]]
--[[関係副詞:where]]
--[[関係副詞:when]]
--[[関係副詞:why]]
--[[関係副詞:how]]
-[[関係形容詞]]
-[[複合関係詞]]
--[[複合関係代名詞]]
--[[複合関係副詞]]
--[[複合関係形容詞]]
#style(end)