動名詞は名詞なので、文の要素として主語(S)/目的語(O)/補語(C)になる。また、前置詞の目的語として<前置詞+名詞>の形で修飾語句を作ることができる。

主語になる動名詞 [edit]

  • Sleeping well is necessary for health.
    • よく眠ることは健康に必要だ。[S=動名詞]
      • 自動詞sleepを元に作られた動名詞sleeping(眠ること)が副詞wellによって修飾されている。
  • Being an adult carries heavy responsibilities.
    • 大人であることには重い責任が伴う。[S=動名詞]
      • be動詞を元に作られた動名詞beingが、名詞adultを補語にとっている。

原則として準動詞が主語になるとき、動詞は三人称単数で一致する。複数の動名詞が主語になる場合は複数扱いになる。

  • Sleeping well and eating well are necessary for health.
    • よく眠り、よく食べることが健康に必要だ。

目的語になる動名詞 [edit]

  • I don't like studying mathematics.
    • 僕は数学の勉強が好きではない。[O=動名詞]
      • 他動詞studyを元に作られた動名詞studying(~を勉強すること)が、目的語mathematicsをとっている。
  • I don't like being treated like this.
    • 私はこんな風に扱われるのがいやだ。[O=動名詞]
      • 他動詞treatが受動態の形(be treated)をとり、動名詞being treated(扱われること)になっている。その動名詞が副詞句like thisによって修飾されている。

補語になる動名詞 [edit]

  • My daily routine is studying English before dinner.
    • 僕の日課は、夕飯前に英語を勉強することだ。[C=動名詞]
      • 他動詞studyを元に作られた動名詞studying(~を勉強すること)が、目的語Englishをとり、副詞句before dinnerによって修飾されている。

前置詞の目的語になる動名詞 [edit]

  • Jun is good at cooking.
    • ジュンは料理がうまい。[前置詞+動名詞]
      • 自動詞cookを元に作られた動名詞cooking(料理すること)が前置詞atの目的語になり、at cookingが全体として副詞句を作っている。
  • I had trouble (in) finding his house.
    • 彼の家を見つけるのに苦労した。[前置詞+動名詞]
      • 他動詞findを元に作られた動名詞finding(~を見つけること)が、目的語his houseをとり、前置詞inと共に名詞troubleを修飾する形容詞句を作っている。前置詞inはしばしば省略される。詳しくは下記のFYIを参照。

動名詞の否定形 [edit]

動名詞に限らず、準動詞を否定するには、準動詞の前に否定語notやneverを置く。

  • Ken was disappointed at not winning the first prize.
    • ケンは、一等賞が取れなくてがっかりした。
      • 他動詞winを元に作られた動名詞winning(~を勝ち取ること)が目的語the first prizeをとって前置詞atの目的語になり、全体として副詞句を作っている。

[FYI] 動名詞の前で省略される前置詞 [edit]

いくつかの表現では、動名詞が前置詞の目的語になると前置詞が省略されることがある。主な例は次のとおり。

  • go (for) ~ing:~しに行く
  • have [trouble | difficulty] (in) ~ing:~するのに苦労する
  • keep (on) ~ing:~し続ける(onを省略せずに用いると反復の意味を強調する)
  • spend O (in / on) ~ing:Oを~するのに費やす
  • take turns (at) ~ing:交代で~する
  • waste O (in / on) ~ing:Oを~するのに浪費する
  • be動詞+busy (in) ~ing:~するので忙しい
  • be動詞+late (in) ~ing:~するのが遅い

<go (for ) ~ing>や<busy (in) ~ing>などの表現は、現代英語では前置詞を表すことが極めて珍しく、そのため動名詞というよりは現在分詞として考えるのが一般的である。また、上記以外にも、<It is no use (of) ~ing><There is no point (in) ~ing>(~しても無駄である)という動名詞の慣用表現でも前置詞が省略される。